いろんなゴミ処分の仕方がある|引越し時にタメになる話

積み木の家とトラック
女の人

騒音対策も必要です

引越し作業で、荷物を運搬するときに、騒音など近所迷惑とならないように、気を付けることも必要です。事前に挨拶をきちんとすることで、トラブルを避けられます。引越し業者を探す時に、丁寧な仕事をしてくれ、挨拶の品選びなど、相談しやすいところを見つけることも大事です。

家がすっきりする良い機会

玩具のトラック

まとめ出しは要注意です

引越しをすると、たくさんの不要品が出ますよね。ゴミはもちろん、引越しはいらない家電や洋服などを処分するチャンスとも言えます。少しでも荷物を減らした方が、引越し料金も安くなりますし、何より新居にわざわざ不要なものを持って行く必要はないですから、引越しの機会にぜひお部屋をスッキリとさせましょう。部屋を片づけ出すと、不思議とどんどんと色々なものを処分したくなってきます。売れるものはリサイクル店に持って行くとして、その他の処分品に関してはゴミの日に出すことになります。そこで注意したいのが、大量のごみが出てしまった場合、まとめて全部出してしまうのではなく、何日間かに分けて出した方が良いということです。もちろん、大量のごみを一気に出しても問題はないのですが、近所の人たちもみんなが使うゴミステーションですから、他の人が捨てるスペースがなくってしまっては困ります。ですから、何日間かに分け捨てた方が無難です。

資源回収ボックスの活用も

引越し後のゴミの中でも大量になってしまうのが段ボールですが、最近は無料の回収ボックスの存在も増えていますのでそれを利用するのも便利です。もちろん地域の資源回収があればそちらに出すのも良いのですが、資源回収の日程というのは、地域によって月に1回〜数回と決められていることが多いですよね。引越しの日からずっと家の中に段ボールを置いておくのには抵抗があるという方や、早くゴミを処分して家を片づけたいという方は資源回収ボックスを利用しましょう。ポイント制でクオカードなどがもらえるところもありますので、その辺もメリットと言えますよ。他には、読み終わった雑誌なども回収していますので、雑誌をまとめて処分したい方にもオススメです。

作業員

引っ越しは安く済ませる

引越しは安いに越したことはなく、できれば抑えた費用を新居での生活に利用した方が効率的です。複数の業者に見積りを取るのはもちろん必要ですが、日取りや自身でやれる事、業者をうまく活用して不要品をリサイクル、処分など含めて選ぶ事がおすすめです。

男女

業者に手伝ってもらう利点

荷物の量には個人差もあり、どれくらいの規模の引越しとなる課による違いがあることは確かです。しかし引越しをする上で、荷造りすることは避けることはできません。早い段階から準備をし業者に依頼する際にもよく考えるようにしましょう。